大食いに自信があれば

大食いに自信があれば

デカ盛りメニューの中には色々な料理がコラボレーションされているものもあります。
 
例えばピラフとカレーとハンバーグが一皿に大盛りに盛られているメニューもあります。
高さも高くなっているので、崩れないように食べるのも大変です。

 

普通のメニューではこういったコラボレーションしたメニューはないのに、大盛りメニューであればコラボレーションがあるというお店もありますので、是非大盛りメニューにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。あるデカ盛りメニューを置いてあるうどんやさんではなんと1200グラムのうどんに自分でトッピングするものなのです。まずそういう時には生姜や唐辛子などといった調味料をまず入れないで、うどんにぶっかけられているお出汁だけで食べてみましょう。半分くらい食べたところで、生姜などの調味料を混ぜて食べてみましょう。もしまだ余裕があるのであれば、天ぷらなどのトッピングをつけるのも良いでしょう。

 

またうどんなどは放置しておくと伸びてしまいますので、なるべく硬めに茹でてもらうと良いでしょう。柔らかめで最初から茹でてもらうと、最後の方がかなり麺が柔らかくなってしまいます。最後には卵などを入れても良いでしょう。うどんに生卵を絡めて食べたり、出汁に溶かして飲んだりと交互に食べることがデカ盛りのうどんを食べるコツです。うどんはデカ盛りでも大盛りでもツルツルの喉に入っていくので、結構簡単に食べられると思います。是非大食いに自信があれば挑戦してみてはいかがでしょうか。