ビュッフェは原価率を考える

ビュッフェは原価率を考える

ビュッフェは、定額料金で、自分の好きな料理を好きなだけ食べる事が可能です。
そのため、お得だと感じている人もいるかもしれませんが、実は損している可能性もあります。
では、どうすれば、ビュッフェをお得に食べる事が出来るのでしょうか?

 

例えば、ビュッフェの場合、原価で考えた時に、利益が出るメニューと赤字になるメニューが用意されています。
お店側としては、トータルでプラスになればいいという考え方なのです。
ただ、正直なところ、赤字になるメニューばかり食べられてしまうと困ってしまうでしょう。

 

ちなみにあるお店では、原価は販売価格の30%前後となっています。
ステーキやハンバーグなどの肉料理は、他の料理よりも原価が高く40%近くになります。
対して、パスタやピザなどの原価は、20%前後と低めです。

 

女性に人気のスイーツも、フルーツがたくさん使用されているタルトなどは少し原価率もあがりますが、それ以外は20%前後と低めです。
また、最近は野菜の価格が高騰しているのに加え、野菜は傷みが早くロスの出やすいため、原価率は高くなります。
そのため、実はサラダは原価率の高いメニューの1つです。

 

つまり、あなたがビュッフェに行って、数種類のパスタとピザを食べ、ケーキを食べてお腹がいっぱいになってしまうと、料金分の元が取れていない可能性があります。
もちろん、自分の好きなモノを美味しく食べて、満足すればそれでいいのかもしれません。

 

ですが、元を取ろうと量を食べ過ぎて、カロリー過多になってしまうよりも、原価率を考えてコストパフォーマンスのいい料理を、バランスよく適量食べる。その方がお得な食べ方だと言えるでしょう。
イタリアンでランチを検討するのならこちらのお店はおすすめです。http://shibuya-garden-hana.com/